FX用語 レバレッジ

直訳すると「てこの原理」のレバレッジ

赤丸矢印 FXでいうレバレッジはどういったものでしょうか。レバレッジという英語を直訳すると「てこの原理」を意味します。その「てこ」ですが、FXの場合の意味は、自分で用意したお金(証拠金)の何倍まで通貨を購入できるかを示す倍数となります。

 

例えば1ドル=100円とします。1万ドル買うのに普通は100万円が必要です。これは当たり前の話ですね。実はこの状態がレバレッジ1倍なのです。

 

ここでレバレッジを5倍にすると20万円で1万ドルを買うことができます
レバレッジを10倍にすると10万円で1万ドルを買うことができます。

 

逆な言い方をすると、1ドル=100円として、1万ドルを買う場合、必要な証拠金はレバレッジ1倍なら100万円、レバレッジ5倍なら20万円、レバレッジ10倍なら10万円、レバレッジ25倍なら4万円の証拠金があればいいということになります。

 

さらに言い方を変えるとわかりやすいかもしれません。
例えば1ドル=100円として、自分が用意できる元手が10万円だと本来買えるのは1,000ドルですが(←これがレバレッジ1倍)
レバレッジを10倍にすることによって、自分が用意できる元手の10倍の通貨額まで、
元手10万円なら100万円分の米ドル=1万米ドルまで買う(FX業者から借りると解釈したほうがいいかもしれません)ことができる、という仕組みです。

レバレッジでリスクとリターンを調整する

赤丸矢印 レバレッジが高いほど、利益率は高くなります。

 

 例1. 例えばレバレッジ10倍ならば、自己資金(証拠金)2万円で20万円分。1ドル100円の場合、2千ドルの取引ができます。

 

ある日、1ドル100円のときに、自己資金2万円で、レバレッジ10倍の設定で、2千米ドルを買ったとします。
翌日1ドル102円と、ドルが2円上昇すれば(2円の円安)4千円の利益が出ます。
為替相場1ドルについて2円の上昇で、自己資金の20パーセントの利益を得ることができます

 

 例2. 例えばレバレッジ25倍ならば、自己資金(証拠金)2万円で50万円分1ドル100円の場合で五千米ドルの取引ができます。

 

ある日、1ドル100円のときに、自己資金2万円で、レバレッジ25倍の設定で、五千米ドルを買ったとします。
翌日1ドル102円と、ドルが2円上昇すれば(2円の円安)1万円の利益が出ます。
為替相場1ドルについて2円の上昇で、自己資金の半額の利益を得ることができます

 

 例3. 例えばレバレッジ100倍ならば、自己資金(証拠金)2万円で200万円分1ドル100円の場合で2万米ドルの取引ができます。
(個人のレバレッジは25倍が限度です。)

 

ある日、1ドル100円のときに、自己資金2万円で、レバレッジ100倍の場合、2万米ドルを買ったとします。
翌日1ドル102円と、ドルが2円上昇すれば(2円の円安)4万円の利益が出ます。
為替相場1ドルについて2円の上昇で、自己資金の2倍の利益を得ることができます。

 

 

レバレッジが高いほど、利益率は高くなることがわかっていただけたでしょうか。
では、レバレッジが高いものだけを狙えばいいのでしょうか。例1.の場合、当日1ドル100円だったものが、翌日1ドル98に下落した場合、4千円の損失です。同じく例2.の場合は2万円の損失で、例3の場合は4万円の損失です。レバレッジが高いほど、利益率は高くなります。つまり、レバレッジが高いほどリターンは大きくなるのですが、レバレッジが高いほどマイナスも大きくなるので、リスクも高くなるということです。

 

FX初心者の皆さんは低いレバレッジ設定から始めて頂くことが肝心になります。

 

 

緑色注目っ

レバレッジを上手く使って上手く稼ぎましょう!

超初心者にオススメのFX会社をランキングで紹介!

FX会社ランキングを見る